1. houkasiki:

今ツイッターで話題の「あの子のほうが可愛いから」の画像少し集まったから貼ってくよ!|ラビット速報
  2. " 私は最近、尺八・笛奏者としてあちこちの民謡団体に参加することがしばしばあります。
    しかし、自分が所属する団体を含めて、尺八や笛を吹いていてチューニングがびったりあって気持ちよく吹けた事なんて滅多にありません。
    何故でしょうか、三味線の調弦(チューニング)がどこの団体へ行ってもいい加減だからです。

    私自身三味線を弾いて20年近くになりますが、実はそれ以前には吹奏楽でホルン奏者として約20年を過ごしてきたので、人一倍チューニングということには敏感なのです。
    考えてみれば、40年近くも毎日毎日チューニングという仕業点検の様なことをやってきたわけです。

    三味線の場合、まずはきちんとした基準の音に三本の糸の音を合わせるというのが大原則ですが、悲しいかな、それすらできない三味線奏者がほとんどなのが現実です。
    それに加えて、そもそも三味線の糸というのは、ギターやバイオリンなどの弦楽器と違って絹糸で作られているために、伸び縮みしやすいというのが宿命のようになっています。
    それ故、いい加減な調弦では弾いている最中に伸びたり縮んだりしてチューニングが狂ってしまうのが現実なのです。

    だからと言って、三味線の糸は伸びるんだから仕方がないなどと言っていては、三味線奏者失格なのです。「調弦すらできない奴に三味線弾く資格なんかない」というのは津軽三味線の神様と言われた高橋竹山師の名言です。



    2.現状は・・・・

     まずは三味線の調弦の現状はどうなっているか、と言うことから論じたいと思います。
    前述しましたが、どこの団体へお邪魔しても、調弦(チューニング)がしっかりとできている所は皆無に近いです。

    基準の音が調子笛であっても、尺八のロの音であっても、チューナーの電子音であっても、しっかりとその音に合わせなければなりません。
    だいたいこのような団体の場合、調弦はだれか比較的音感の良い人に任せていて、自分で何とかしようとしない人がほとんどです。

    3本の糸のバランスは、サワリの付き方などを頼りにすれば意外に簡単に習得できるのですが、一の糸を基本の音程に合わせることがまず基本です。

    調弦に関しての音感は毎日毎日練習すれば必ずある程度のレベルまで向上できます。
    ただ、他人に頼ったり、チューナーばかりに頼っていてはいつまでたっても調弦の技量は向上しません。

    次に、仮に基準の音にピッタリ三味線の糸を合わせることができても、これだけでは調弦できたとは言えません。
    たとえば民謡であれば3~4分の曲の演奏途中に音が狂ってくるようであれば、これは調弦失敗です。
    「糸が伸びるから仕方ないだろう」という反論が来そうですが、プロの演奏やレコーディングではこのようなことは絶対に許されません。
    3~4分の曲の最初と最後で音程が変わらないようにしてこそ、それを調弦と言うのです。
    巷には掃いて捨てるほど多くの、芸名を持った三味線奏者がいますが、このような基本的技術ができないような人は、即刻芸名を返上してもらいたいものです。
    また、曲の途中で、格好良くサッサッと糸巻きを回してチューニングを微調整する光景をたまに見ますが、あれは決して格好良いのではなくて、しっかり調弦ができていなかった証拠の格好悪い姿なのですよ。

    三味線1丁弾きで尺八が入らない場合は、曲の途中で多少音程が下がっても、あまり気にならないのですが、三味線が複数の場合は致命的です。

    尺八や笛が入った場合はもっとゆゆしい問題です。
    尺八や笛はほぼ音が安定しているのですが、寒い時期には吹いているうちに少しずつピッチが上がっていくことがあります。これを防ぐためにステージに上がるときはなるべく袂にいれて楽器自体を暖めてピッチの変化が最小になるように涙ぐましい努力をします。
    しかし肝心の三味線の調弦がいい加減だと、曲の途中でだんだん音程が離れていってしまうことが良くあります。これを三味線と尺八の泣き別れといいます。
    永年尺八や笛を吹いている人はそのあたりを心得ていて、何食わぬ顔で少しずつメリ吹きをしてピッチを下げて、三味線に合わせるのですよ。
    尺八・笛奏者の涙ぐましい努力を少しは考えて、三味線の調弦はしっかりとやってもらいたいものです。



    3.どうしてずれるか

     基準の音に三味線の糸を合わせるのは、毎日の努力の積み重ねで耳を鍛えるしか方法はありません。
    では、弾いている途中で音がずれるのは何故か、いくつかの原因があります。

    ゆるめてあった糸を巻いて音を上げて調弦しただけでは、100%音程は下がります。
    また逆に高い調子から低い調子に下げた場合は、逆にもとの調子に戻ろうとする現象が出るので、音程は上がります。
    二上りから本調子に調子を変えた時に二の糸の音程が上ずる事は皆さん体験されているはずです。
    逆に本調子から二上りにした筈なのに二の糸の音程がだんだん下がることも良くあります。

    また、糸を張り替えた後に音が下がるのも当然の現象だと思ってはいませんか。
    確かにいい加減な糸のしごき方では音程は下がってしまいます。
    それを防ぐために本番ステージ前日に新しい糸に替えるとか、一度使った糸を張るとかいう話は良く聞きますが、私はステージ直前でも平気で替えたりします。
    使い古しの糸で、ステージで切れることを考えると新しい糸の方が良いですからね。
    結婚式なんかでは糸が切れると洒落にもなりませんので、二の糸、三の糸は当日に替えることにしています。
    しっかりと糸をしごいてやれば、全く問題ありません。

    ステージなどスポットライトを浴びたりすると、熱で糸が膨張して伸びるために音が下がることもよくあります。これは曲中で微調整するより方法はありません。

    糸だけなら良いのですが、糸巻きがスポットライトの熱でキュルキュルと戻ることもたまにあります。
    特に高価な象牙の糸巻きを付けておられる方は、象牙と糸倉の金属の膨張率が違いすぎるために良く起こる現象なのです・・・余談でした。
    "
    chogen (via petapeta)

    (kubojiから)

  3. (元記事: coalgirls (0809250100000363316から))

  4. afp-photo:

CHINA, HONG KONG : Policemen rest following pro-democracy protests in Hong Kong on September 29, 2014. Police fired tear gas as tens of thousands of pro-democracy demonstrators brought parts of central Hong Kong to a standstill in a dramatic escalation of protests that have gripped the semi-autonomous Chinese city for days. AFP PHOTO / XAUME OLLEROS

    afp-photo:

    CHINA, HONG KONG : Policemen rest following pro-democracy protests in Hong Kong on September 29, 2014. Police fired tear gas as tens of thousands of pro-democracy demonstrators brought parts of central Hong Kong to a standstill in a dramatic escalation of protests that have gripped the semi-autonomous Chinese city for days. AFP PHOTO / XAUME OLLEROS

    (0809250100000363316から)

  5. joodle:

    Today in Japan: 31 climbers who wanted to see the first signs of autumn on top of Mount Ontake, a 10,062-foot volcano, have been found dead after the mountain erupted unexpectedly yesterday.

    (元記事: kateoplis (0809250100000363316から))

  6. "今どきの若い女性に料理を作らせその非常識ぶりを嘲笑うTVの企画があるけど、年配の男にもやらせて「お前らって本当に何もできないのな」と嘲笑う方が必要なんじゃないか。"
  7. darylfranz:

東大の数学科やばすぎワロタwwwwwwwwwww - ハムスター速報
  8. nottv:

maru1348621398824.jpg
  9. poochin:

tory33:

himmelkei:

aobouzu:

saitamanodoruji:

zenigata:

itsy:

1255012503610.jpg
4